床暖房での業者のミス

MENU

注文住宅

床暖房での業者のミス

住宅 余剰金

 

基本的に、建てた家に対して後悔などはあまりしていませんが、
それでも「こうすればよかったなー」と思う点や改善点はあります。

 

まずは、もっとも「シャレにならない!」と青くなった話から。

 

 

50万円...

それは既に契約をすませ、間取りも決めて、最終段階の見積もりがおわり、
OKを出した時点で起こりました。

 

震える担当者が電話をかけてきたのです。

 

「申し訳ありません、床暖房のお金が見積もりに入っていませんでした...」と。

 

その金額は50万円。

 

住宅 床暖房

銀行側にももう融資を頼んでおり、
しかも頭金もいっぱいいっぱい入れた状態、
現金はなくはないけれど、それを出してしまうと、
そのあとの外回りの工事などで支障がでてしまう、
という状態でした。

 

 

余剰金額というのは必ずプールしておくべきだし、
実際に100万円程度は「補填金額」として用意はしてありました。

 

しかしその補填金額も、土地を買うときの検査費用などで既に出した後で、
余剰金はなかったんです。

 

 

さてどうする

そのときの対応策については本当に頭を悩ませました。
この床暖房での業者のミスというのは完全にメーカー側が悪いわけです。

 

何度も確認を行っていましたし、「これ以上の費用は発生しませんね?」
と言質もとっていたからです。

 

そのため、「いや、それはそちら側のミスでしょう、知りませんよ、
どうにかしてください」と突っぱねることはできるわけです。

住宅 床暖房

 

しかし担当者がかなり気を配り、
いろいろと尽力してくれていたのは知っていますし、
自分がその立場に立ったときの心労というのを考えると、
とてもそう言い切ることはできませんでした。

 

 

ここで、方法というのはいくつかにわかれました。

 

私自身の通常の銀行口座(50万円ぎりぎりで残っていた)を使う
親に頭を下げる
銀行の審査をやり直してもらい、もう一度貸付額を設定してもらう

 

 

結局のところ、最後のものを選びました。

 

 

私たちの場合、銀行側からの貸付額は4500万円くらいなのですが、
審査のときに、幸いなことに「6000万円までならお貸ししますよ」
と言われていたので、50万円を追加しても、
融資限度額にはまだ余裕があったのです。

 

ただ月末のことだったので、銀行側もとても大変だったと思います。



 

 

失敗しない業者の見つけ方、探し方とは?

トップページの6つのポイントで、
候補の業者の中から、
どんな業者を選べばいいのかは分かった。

 

でも、検討の段階で
とりあえずどんな業者がいるのか知りたい場合、
どうやって見つけていけばいいのか、分からない……。

 

 

検討の段階では、どんな家を建てるか明確に決まっていませんし、
そもそも予算などとの兼ね合いで、
結局家づくりを断念する場合もあります。

 

ですので、最初の段階では、
とりあえず話を聞いてみたいというレベルでもいいので、
興味のもてる業者を広く拾っていくことが大事です。

 

 

ただし、やみくもに候補の業者を見つけていくのは
効率が悪いので、次の2つの方法(ポイント)を使いましょう。

 

実際に注文住宅を建てた人に聞く

注文住宅

 

もし周りに注文住宅を建てた人がいれば、ぜひ、話を聞いてください。
これほど貴重な意見はないですからね。

 

実際に依頼した業者はもちろん、
検討したけど、依頼しなかった業者の話を聞いておきましょう。
(たまたま、その人の希望に合わなかっただけで、あなたにはピッタリの業者かもしれませんので)

 

一括比較サービスで資料請求
注文住宅

 

注文住宅を建てた知り合いがいない場合は、
ネットの一括比較サービスを使ってください。

 

あなたの希望する間取りや予算などを元に、
あなたにあった複数の業者を教えてくれます。

 

資料などを元に、かなり詳しく比較できますし、
いろいろな業者がいるので、勉強にもなると思います。

 

ポイント1の方法よりも、多くの業者の情報が入りますし、
あなたの希望データを入力するだけでOKなので、
注文住宅を建てた人がいる場合も併用するといいですね。

 

 


優良住宅メーカーの中から、あなたの希望にあった業者が
複数ピックアップされ、簡単に比較・検討ができます。