建築会社と契約!

MENU

注文住宅

建築会社と契約!

住宅 インテリア

 

希望の間取りを設計図に起こしたところで、建築会社に持ち込みました。
でも、ここからもなかなかうまく行かなくて...。

 

 

「できる」「できない」

大方設計図通りに間取りを決めたんですけど、そこからもまた一苦労!

というのは、「お金の問題」がでてきたから。

 

 

たとえばドアノブ一つ、カーテンレール一つにしたって、
仕様と違うものを選べばそれだけお金がかかるんですよ...。

 

インテリアのカタログを見ると、やっぱり格好いいものは高い、
安っぽいものはやっぱり安い!

 

ここも悩みどころでした。

 

 

割り切る

で、そこでとった方法が、「割り切り」。

 

基本的に2階は私の仕事部屋や書斎などの「ごくプライベートな」空間で、
リビングなどはお客様を招き入れるところ、という風にきめて、
「1階のインテリアは妥協しない、2階は必要最低限のもので」としました。

 

住宅 建築会社

こういうスタイルでも、
過不足ないものを作ってくれるのはどこか?
ということも考えて、
建築会社と契約することにしました。

 

 

私たちは間取りにしろインテリアにしろ、
かなり個性が強いものだったため、
それをちゃんと「作ってくれる」建築会社と
契約しなければならなかったのです。

 

 

夫婦名義で契約!

ちなみに余談ですが、現在の建築会社は、
多くが「夫婦二人の名義で」

契約させてくれるんですね!

 

かつてのように「夫だけが」契約する形ではなく、「妻も」契約に参加する、
という形で、これが嬉しかったです。

 

なんだか、この段階で、ようやく、
「『私の』家でもあるんだ」って思えるようになりました。
遅かったですけどね!



 

 

失敗しない業者の見つけ方、探し方とは?

トップページの6つのポイントで、
候補の業者の中から、
どんな業者を選べばいいのかは分かった。

 

でも、検討の段階で
とりあえずどんな業者がいるのか知りたい場合、
どうやって見つけていけばいいのか、分からない……。

 

 

検討の段階では、どんな家を建てるか明確に決まっていませんし、
そもそも予算などとの兼ね合いで、
結局家づくりを断念する場合もあります。

 

ですので、最初の段階では、
とりあえず話を聞いてみたいというレベルでもいいので、
興味のもてる業者を広く拾っていくことが大事です。

 

 

ただし、やみくもに候補の業者を見つけていくのは
効率が悪いので、次の2つの方法(ポイント)を使いましょう。

 

実際に注文住宅を建てた人に聞く

注文住宅

 

もし周りに注文住宅を建てた人がいれば、ぜひ、話を聞いてください。
これほど貴重な意見はないですからね。

 

実際に依頼した業者はもちろん、
検討したけど、依頼しなかった業者の話を聞いておきましょう。
(たまたま、その人の希望に合わなかっただけで、あなたにはピッタリの業者かもしれませんので)

 

一括比較サービスで資料請求
注文住宅

 

注文住宅を建てた知り合いがいない場合は、
ネットの一括比較サービスを使ってください。

 

あなたの希望する間取りや予算などを元に、
あなたにあった複数の業者を教えてくれます。

 

資料などを元に、かなり詳しく比較できますし、
いろいろな業者がいるので、勉強にもなると思います。

 

ポイント1の方法よりも、多くの業者の情報が入りますし、
あなたの希望データを入力するだけでOKなので、
注文住宅を建てた人がいる場合も併用するといいですね。

 

 


優良住宅メーカーの中から、あなたの希望にあった業者が
複数ピックアップされ、簡単に比較・検討ができます。