「マイホーム(自分の家)が欲しい・・・」

MENU

注文住宅

「マイホーム(自分の家)が欲しい・・・」

住宅 マイホーム

 

今までは「ハウスメーカー契約までの現実的な流れ」を見てきました。
ここからは、私の感想を交えて、もっと「個人的な」お話をしたいと思います。

 

 

私たちの「条件」

まずは、私たちの「条件」というか、状況をお話しておきますね。

 

20代後半。趣味は、実益と仕事を兼ねて料理。
百人一首と読書。
仕事は在宅の執筆業。

 

住宅 マイホーム

30代前半。建築学科の大学院卒業。
一部上場企業の社員。
趣味はDIYと園芸、柔道。何でも作る。
年収600万円程度。

 

子供はなし。同居予定なし。
転勤族で、2年ほどしか同じ場所にいない。
両方とも、田舎の出身で実家は一戸建て。
(全て、家を建てた当時のものです)

 

 

妄想段階

二人とも実家が一戸建てだったため、「マイホーム(自分の家)が欲しい...」
というのは、共通理念としてずっとありました。
いわゆる「土地つき一戸建て」ですね。

 

上記で書いたように、転勤族だったため、
今まではずっとアパート暮らしだったのですが、
夫が30代になったとき、「このままでは35年ローンが組めなくなる!」
と危機感を覚えました。

 

住宅 マイホーム

私はもともとものすごくのんびり屋なため、
「いつか、何となく、どこかのタイミングで」
とぼんやり考えていたのですが、
良くも悪くも将来性を考える夫が一念発起し、
私をひっぱる形で、マイホーム(自分の家)
を買うために動くことになりました。

 

 

子供もいないし、今ならとにかく動きやすい!ということで、
考え始めたのは、9月くらいでした。

 

 

実はその2年位前、夫が20代の後半だったときにも、同じように思ったことは
あったんです。ただ、いざ動き始めるぞ、となったとき、東京への移転が決まり、
何となくお流れになってしまった、という経緯があります。



 

 

失敗しない業者の見つけ方、探し方とは?

トップページの6つのポイントで、
候補の業者の中から、
どんな業者を選べばいいのかは分かった。

 

でも、検討の段階で
とりあえずどんな業者がいるのか知りたい場合、
どうやって見つけていけばいいのか、分からない……。

 

 

検討の段階では、どんな家を建てるか明確に決まっていませんし、
そもそも予算などとの兼ね合いで、
結局家づくりを断念する場合もあります。

 

ですので、最初の段階では、
とりあえず話を聞いてみたいというレベルでもいいので、
興味のもてる業者を広く拾っていくことが大事です。

 

 

ただし、やみくもに候補の業者を見つけていくのは
効率が悪いので、次の2つの方法(ポイント)を使いましょう。

 

実際に注文住宅を建てた人に聞く

注文住宅

 

もし周りに注文住宅を建てた人がいれば、ぜひ、話を聞いてください。
これほど貴重な意見はないですからね。

 

実際に依頼した業者はもちろん、
検討したけど、依頼しなかった業者の話を聞いておきましょう。
(たまたま、その人の希望に合わなかっただけで、あなたにはピッタリの業者かもしれませんので)

 

一括比較サービスで資料請求
注文住宅

 

注文住宅を建てた知り合いがいない場合は、
ネットの一括比較サービスを使ってください。

 

あなたの希望する間取りや予算などを元に、
あなたにあった複数の業者を教えてくれます。

 

資料などを元に、かなり詳しく比較できますし、
いろいろな業者がいるので、勉強にもなると思います。

 

ポイント1の方法よりも、多くの業者の情報が入りますし、
あなたの希望データを入力するだけでOKなので、
注文住宅を建てた人がいる場合も併用するといいですね。

 

 


優良住宅メーカーの中から、あなたの希望にあった業者が
複数ピックアップされ、簡単に比較・検討ができます。